運営:明成法務司法書士法人

埼玉県で相続手続・生前対策のご相談は当センターへ!

埼玉相続相談センター 

〒352-0001 埼玉県新座市東北二丁目30番16号細田ビル4階(志木駅より徒歩1分)

受付時間
9:00~20:00(土日祝含む)
定休日 
土・日・祝日予約相談可

●業務地域:志木・朝霞・新座・さいたま
 富士見・ふじみ野を中心に埼玉県全域

おひとりさまの私の財産は死後どうなりますか?

おひとりさまの私の財産は死後どうなりますか?

私は、65歳のいわゆるおひとりさまです。配偶者も子供もおらず、両親も既に他界してしまっており、兄弟姉妹もいません。私の財産は死後どうなりますか?

葬儀や納骨について希望もあるのですが誰にお願いすればよいのでしょうか?

 

遺言書や死後事務委任契約を利用することで自分にあった終活を実現することができます。

相続人がいない場合は最終的に相続財産が国庫に帰属してしまいますので、公正証書遺言を作成して相続財産を渡す、お世話になった方や寄付をしたい団体を決めておく方がよいでしょう。

葬儀や納骨についての死後の事務についてには死後事務委任契約を活用してご自分に合った終活を実現するように準備しておくことができます。

 
 

おひとりさまには、遺言書の作成をおすすめします

財産を積極的に国庫に帰属させたいと考える人は、あまりいないと思います。

あなたに相続人がいない場合、「お世話になってくれた知人に財産を渡したい」、「活動内容に共感できる法人に寄附をしたい」などと考えるのが自然だと思います。

遺言書を作成しておくことで、このような思いを実現することが可能です。元気なうちに「亡くなった後の財産のゆくえ」をしっかり決めておきましょう。

 

死後事務委任契約を作成しておけば、死後のさまざまな事務手続きも安心

頼れる身内の方がいない場合、亡くなった後の葬儀、納骨、入院費や施設費の清算、遺品整理、各種解約手続き、行政手続き・・・などの諸手続きを誰かに頼む必要があります。

遺言書は、主に財産の相続・処分について決めるもので、こうした事務手続きまでをカバーすることができません。遺言書と並行して「死後事務委任契約」を作成し、身の回りの世話をしていくれている親戚や司法書士や行政書士などの専門家に手続きを受任してもらうと安心だと思います。

 

まとめ

遺言書で、”亡くなった後の遺産のゆくえ”を決めておき、死後事務委任契約で、”死後に必要となる事務手続きが確実に遂行される安心感”を確保しておくことで、「おひとりさま」の老後の不安は、かなりの部分が解消されると思います。

詳細につきましては、当センターまでお気軽にお問い合わせください。

 

相続登記プラン

相続発生時の不動産の名義変更をするプランです。

預金解約プラン

銀行や証券会社の口座解約を代行するプランです。

遺言書作成プラン

公正証書による遺言書を作成するプランです。

生前贈与プラン

生前贈与を活用して相続対策を行うプランです。

相続放棄プラン

相続放棄の手続を代行するプランです。

任意後見プラン

任意後見契約書を作成するプランです。

電話:9時~21時(土日祝対応)

0120-961-799

お客様の声

T・K 様

どうしていいか分からず、不安だった相続でしたが安心してお任せできました。

アクセス

埼玉相続相談センター

〒352-0001
埼玉県新座市東北二丁目30番16号
細田ビル4F
東武東上線 志木駅徒歩1分
受付時間9:00~21:00(土日祝対応)
 

0120-961-799

埼玉県(志木・朝霞・新座・さいたま・富士見・ふじみ野など)を中心に相続手続・生前対策のご相談を承っております。無料相談実施中!