運営:明成法務司法書士法人

埼玉県で相続手続・生前対策のご相談は当センターへ!

埼玉相続相談センター 

〒352-0001 埼玉県新座市東北二丁目30番16号細田ビル4階(志木駅より徒歩1分)

受付時間
9:00~20:00(土日祝含む)
定休日 
土・日・祝日予約相談可

●業務地域:志木・朝霞・新座・さいたま
 富士見・ふじみ野を中心に埼玉県全域

  • 兄弟姉妹の相続放棄はどうすればいいですか?

兄弟姉妹の相続放棄はどうすればいいですか?

先日、兄が亡くなりました。兄は結婚しておらず子供がいません。父も既に亡くなっていますが、まだ母が生きているので、母が相続人になると思います。

兄には資産は何もありませんが、兄の自宅を整理していたらクレジットカード会社の明細がありました。後で何が出てくるか分からないため、母も私も相続放棄をしたいと考えています。

 

第二順位、第三順位の順番に相続放棄をします。

今回のケースでは、被相続人(兄)に第一順位の子がいないということですので、第二順位の直系尊属(母)、第三順位の兄弟姉妹(弟)の順番で家庭裁判所に相続放棄の手続をします。

相続権は第一順位、第二順位、第三順位と順番に移っていくので、先順位の相続人がいないか、もしくは相続放棄していなければ相続権が回ってこないので相続放棄したくてもすることができないのです。

 

~直系尊属の相続放棄~

相続放棄の手続をする場合、家庭裁判所に提出する書類の中に”戸籍謄本”というのがあります。これで相続人であることを裁判所に説明することになります。

相続放棄する人が、配偶者や子の場合は、同じ戸籍に入っている場合や、戸籍がつながりが近いことが多いので、戸籍の収集自体はそこまで難しいことではありません。

ただし、第二順位の直系尊属が相続放棄する場合は、まず、第一順位の子がいない、もしくは全員が相続放棄していることを裁判所に説明しなければならないため、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本をすべて取得して被相続人の相続関係を明らかにしなければなりません。

転籍が多かったり、戸籍の古いものになると手書きのものがあったりと、戸籍を収集するのに労力と時間がかかってしまいます。

 

~兄弟姉妹相続の相続放棄~

直系尊属の相続放棄手続が完了すると、次に第三順位の兄弟姉妹に相続権が移ります。

ここで初めて、兄弟姉妹は相続放棄をすることができます。被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本に加えて、第二順位の直系尊属(父、母、祖父、祖母など)がすべて亡くなっている、もしくは相続放棄していることを家庭裁判所に説明する必要があります。

 

~まとめ~

以上、第一順位の子の相続放棄と比べて、第二順位の直系尊属と第三順位の兄弟姉妹の相続放棄がなかなか大変ということがお分かりいただけたと思います。

戸籍を集めるのに時間がかかってしまい、気が付いたら相続放棄の期限を過ぎていたことがないように、相続放棄でお悩みのお方は早目に当センターまでご相談ください。

相続登記プラン

相続発生時の不動産の名義変更をするプランです。

預金解約プラン

銀行や証券会社の口座解約を代行するプランです。

遺言書作成プラン

公正証書による遺言書を作成するプランです。

生前贈与プラン

生前贈与を活用して相続対策を行うプランです。

相続放棄プラン

相続放棄の手続を代行するプランです。

任意後見プラン

任意後見契約書を作成するプランです。

電話:9時~21時(土日祝対応)

0120-961-799

お客様の声

T・K 様

どうしていいか分からず、不安だった相続でしたが安心してお任せできました。

アクセス

埼玉相続相談センター

〒352-0001
埼玉県新座市東北二丁目30番16号
細田ビル4F
東武東上線 志木駅徒歩1分
受付時間9:00~21:00(土日祝対応)
 

0120-961-799

埼玉県(志木・朝霞・新座・さいたま・富士見・ふじみ野など)を中心に相続手続・生前対策のご相談を承っております。無料相談実施中!