運営:明成法務司法書士法人

埼玉県で相続手続・生前対策のご相談は当センターへ!

埼玉相続相談センター 

〒352-0001 埼玉県新座市東北二丁目30番16号細田ビル4階(志木駅より徒歩1分)

受付時間
9:00~20:00(土日祝含む)
定休日 
土・日・祝日予約相談可

●業務地域:志木・朝霞・新座・さいたま
 富士見・ふじみ野を中心に埼玉県全域

どうやって相続財産を分けるのですか?

どうやって相続財産を分けるのですか?

先日、父が亡くなりました。

父の遺産について相続人でどのように分けるか話し合いをすることになったのですが、どのように遺産を分ければよいのでしょうか?

妻が2分の1、長女と次女が4分の1ずつの法定相続分どおりに分ける必要があるのでしょうか?

ちなみに遺言書は残っていません。

 

相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産を分けることになります。

遺言書がない場合は、相続人全員で遺産分割協議をする必要があります。

 

STEP1 相続人の調査

遺産分割協議を行う前に、まず最初にやることは「相続人の調査」です。

具体的には被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍一式と、相続人全員の戸籍謄本を集めて相続人調査をすることになります。

ここで収集した戸籍一式は、不動産や預金の名義変更の相続の手続で使用することになります。

 

STEP2 相続財産の調査

次に、被相続人の「相続財産を調査」します。不動産がある場合は、不動産登記簿謄本、固定遺産評価証明書や名寄帳を取得し、不動産の所在を確認します。

預金や株式がある場合は、各金融機関から残高証明書を取得する必要があるでしょう。

 

STEP3 相続人全員で遺産分割協議書の作成

相続人調査と相続財産調査が終わったら、相続人全員で遺産分割協議を行うことになります。

相続人が全員同じ場所に集まって話し合いをしなければならないわけではなく、電話やメールでやり取りをして相続人全員の合意がとれれば問題ありません。

もし、相続人が一人でも欠けていた場合は、遺産分割協議は成立しませんのでご注意ください。

また、相続財産は法定相続分どおりに分ける必要はなく、例えば配偶者が全ての遺産を相続し、他の相続人は放棄するという合意をすることも可能です。

後々、合意をしたかどうかで揉めないように、遺産分割協議書という形で書面を残し、全員が実印で押印をしておく方がよいでしょう。

ここで作成した書面は、不動産の名義変更や銀行預金の解約の際に必要な書類となります。

残念ながら、相続人の一人が遺産分割協議に合意しない場合は、遺産分割協議が成立しません。

その場合は、家庭裁判所で遺産分割調停を行うことになります。

 

 

相続登記プラン

相続発生時の不動産の名義変更をするプランです。

預金解約プラン

銀行や証券会社の口座解約を代行するプランです。

遺言書作成プラン

公正証書による遺言書を作成するプランです。

生前贈与プラン

生前贈与を活用して相続対策を行うプランです。

相続放棄プラン

相続放棄の手続を代行するプランです。

任意後見プラン

任意後見契約書を作成するプランです。

電話:9時~21時(土日祝対応)

0120-961-799

お客様の声

T・K 様

どうしていいか分からず、不安だった相続でしたが安心してお任せできました。

アクセス

埼玉相続相談センター

〒352-0001
埼玉県新座市東北二丁目30番16号
細田ビル4F
東武東上線 志木駅徒歩1分
受付時間9:00~21:00(土日祝対応)
 

0120-961-799

埼玉県(志木・朝霞・新座・さいたま・富士見・ふじみ野など)を中心に相続手続・生前対策のご相談を承っております。無料相談実施中!